「Deeper Understanding」と「My Computer」

 Kate Bushが89年に発表した『Sensual World』に収録されている「Deeper Understanding」は、コンピューターを擬人化して向き合い、自分への深い理解を求めるという滑稽で切実な姿を淡々と描く美しい曲だ。


Kate Bush - Deeper Understanding (FULL AUDIO)

 その7年後の96年にリリースされたPrinceの『Emancipation』収録の「My Computer」という曲では、友人を探すためにインターネットを立ち上げるものの、実生活ではネットでの根も葉もない噂に戸惑うという内容。


My Computer

 人間とテクノロジーの歪な関係という似通った題材の2曲は、描写の入射角も違えば曲調や構造も違うとはいえ、2つの歌の主人公の温度感はぴたりと重なる。「Deeper Understanding」と対応関係ともいえるこの曲にコーラスとして参加しているのが、なんとKate Bushである。普段のクセを抑えたコーラスはあらかじめケイト・ブッシュだと聞かされていなければ気づかないほどだが、それでも極めて近い親戚関係のようなこの曲にKate Bushが参加した事実は、偶然ではなく少なくともプリンスにとってはハッキリと意図があったに違いない。

 どちらもアウトロに特徴があって、本編の感情が統合されず、保留されたまま引き伸ばされたような、そんな印象が続く。「Deeper Understanding」はまだ発展途上の技術へ不気味さを覚えているようなシリアスさがある一方、「My Computer」のほうは時代も進み現実に近くなっているだけ空虚さが強まった印象を受ける。

 このような微かではあるけれども明らかな音楽の共振は、それぞれに別の角度を与え、大きな奥行きをみせてくれる。